NEWS詳細

2019年12月03日(火) | 社会貢献活動

社会活動ニュース「健康と福祉のフェスティバル」「大塔いきいき文化祭」

吉川運輸株式会社・大阪運輸株式会社は、年間1万人を超えるボランティア活動・社会貢献活動を支援しています。

弊社がサポートしております大塔ライフハウスプロジェクトの取り組みをご紹介いたします。
 
大塔ライフハウスプロジェクト
村上様より

「健康と福祉のフェスティバル」に参加しました

吉川ロジスティクスグループのみなさま

いつも大塔ライフハウスプロジェクト(以下OLHP)をご支援頂き、誠にありがとうございます。
OLHP事務局の村上祥隆です。

10月20日(日)に五條市保険福祉センターで開かれた「健康と福祉のフェスティバル」に参加いたしました。アトラクションや体験コーナーを通して「楽しく健康づくりを考える」という趣旨の五條市教育員会主催の催しで、主に福祉事業を行うOLHPとしても、絶好のPRの場として参加させていただく事となりました。

イベントの主な内容は健康相談や介護予防などの「相談コーナー」や血管年齢測定、歯のフッ素塗布などの「体験コーナー」等。300種類以上の木のおもちゃや段ボールの迷路のあるコーナー等もあって、お子様にも飽きさせないように工夫がされています。

今回の参加は行政の方へのアピールも目的の一つで、五條市長もわざわざOLHPのブースに来ていただきました。このイベントには五條市の福祉や教育関係の方も多く参加されており、行政サイドにたいしてOLHPの存在感をある程度示せたのではないかと考えています。

そして五條市の広報誌「広報五條」に、隔月でOLHPの活動を連載させて頂ける事になりました。大変ではありますが、少しでも大塔での活動の周知が進んでいければと思います。

 

 

大塔いきいき文化祭が開催されました

10月27日(日)大塔町最大のイベント「大塔いきいき文化祭」が開催されました。

例年はイベントスペースのあるふれあい交流館という施設で開かれるのですが、交流館は屋根の修理の為やぐらが組まれ危険なので、今年は旧大塔小中学校と大塔体育館が会場となりました。

ふだんは人の入ることのできない旧校舎を地元の方に開放することは、OLHPとしても願ってもない機会で、OLHPの活動と校舎の再活用の意義を少しでも感じて頂けたのではないかと考えています。

そして今年は一般社団法人どすこいのご利用者榮勇樹君の作品展も開催する事ができました。なかなか体験する事の少ない「障害者アート」をご案内できたことはもちろんですが、将来の大塔移住も視野に入れている勇樹君の作品を地元の方にご案内することで、地元の方と「障害者」との垣根が少しでも縮まっていければと思います。

来年からは通常通りふれあい交流館での開催に戻る予定ですが、勇樹君の作品展の開催とともに、感慨深い文化祭となりました。


>> 大塔ライフハウスプロジェクト Facebook
>> 吉川運輸の社会活動への取り組み